転職してベトナム現地採用として働く生き方を選びました。

突然、会社を辞めて迷い込むように宿を取った場所はバックパッカー街と呼ばれるブイビエンやファングーラオというエリア。部屋の設備にこだわりを持たずドミトリーと呼ばれる大部屋であれば1泊500円を切るような部屋もあります。でも私は荷物もありセキュリティーを気にしていたので1泊1300円の個室を選択。(2週間契約をしたので1泊あたり1000円に割り引いてくれました。
)狭いながらもトイレとシャワーが付いており、想像以上に快適でした。
会社を辞めてからの最初の2日は何もせずボーッとして過ごしながら、これからどうするかを考えました。
この2日間で出た答えは「ベトナムへ来て何もしていないので何かを成し遂げるまでは日本に帰らない。」といったことです。でも具体的に何をするかを決めたわけではなく、とりあえずはベトナムで働こうと考えました。
そして翌日からは「どうすればベトナムで働くことが出来るか」を調べていると、日本に帰って駐在員での赴任か現地採用といって現地法人に直接雇われるかの2つが主な選択肢でした。前者の駐在員というのはベトナム駐在員として募集をしていれば良いですが、そうでなければ日本勤務かもしくはベトナムとは違う国への赴任となるようで、ベトナムへ行ける保障がないことも知りました。そのため、ベトナムで働こうと思っている私にとっては現地採用して働くことしか選択肢がなかったように思います。
ただ現地採用で働くといっても、日本のアルバイト求人のように、すぐに仕事が見つかるわけではありません。日本人向けのフリーペーパーや人による紹介ということもありますが、情報の新しさや確実性が乏しいように感じました。
そこで他にないかと考えていたところ、ある重要なことを思い出しました。先日辞めた会社に現地採用のスタッフがいたことを。そういえば彼らは人材紹介会社を通じて応募があり面接に来ていました。
そこで私も人材紹介会社に登録しようと考え、インターネットで「ベトナム 人材紹介」と検索をしました。思いのほか、多くの人材紹介会社が検索結果に出てきました。どこが良いかと考えていると検索上位に、1ヶ月前くらいの飲み会で知り合ったS君が働く会社と同じ名前を発見。
名刺入れからS君の名刺を探し出し確認。名刺には人材紹介の文字が書かれており、ホームページを開くよりも前に彼に電話を掛けていました。
彼は営業担当ではないと言いながらも、人材紹介会社への登録方法や就職先の紹介までの流れなど詳しく教えてくれました。
そして履歴書や職歴書を送ってから直ぐに人材紹介の担当者から連絡があり、幾つかの希望条件にあう案件を紹介してくれました。その中でも業種は違いますが私の経験が生かせそうな仕事が1つあり、そこを本命にして応募し面接を受けました。結果は1週間もしないうちにわかり、晴れて入社することが決まりました。

評判のいいベトナムの求人サイト・紹介会社
ベトナムでの人材紹介コンサルタント アジアダイレクト
ベトナムの求人 キャリアリンク